2009年08月20日

現代画報社|舛添厚労相「新型インフルエンザの本格流行始った」とコメント

新型インフルエンザは、確実に人々の間で広まっているようです。8月19日、舛添要一厚労相は新型インフルエンザの患者が急増していることをうけ記者会見にて、「新型インフルエンザの本格的な流行が始まったと考えていい」とコメントしました。国立感染症研究所によれば、全国約5千か所の医療機関で確認されたインフルエンザ患者は9日までの1週間で、なんと4630名。1機関あたり平均0.99人で、平均1人を超えると流行とみなされるそうです。しかも感染拡大の場となりやすい学校などが夏休み期間中であるにもかかわらず、患者数が増え続けているということで、学校が再開されたら感染が急激に拡大することも考えられるという舛添厚労相は、予防として手洗いやうがい、マスクの着用、人にせきやくしゃみをかけないという「せきエチケット」を実行して、感染拡大防止策の徹底を呼びかけました。もし急激に患者が急増してしまうと、医療機関での重症患者への対応に遅れが生じてしまう可能性も視野に入れ、舛添厚労相は国民一人ひとりが防止対策を実践することの重要性を語っています。

国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
posted by きょう at 22:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。